注目キーワード
  1. 育児
  2. 投資
  3. デザイン
  4. ブログ

【貯金アイデア】貯まる家計になるための便利なアプリ紹介

どうも、みつぼしです。

実はこの世の中がコロナで大変な中、念願のマイホームを手に入れました。

無事に借金まみれの仲間入りってやつです。(汗)

マイホーム取得の決断は、「この超低金利時代だからこそ今お金借りて買わないと損」だと判断したからなんですが、それはそうとこれから返済のため、より一層家計を見直す必要が出てきました。

元々私はマメな人間では無く、どちらかというとどんぶり勘定派だったので貯金は苦手です。

そんなずぼらな私でも貯金できる家計になれる、便利なアプリを見つけたのでご紹介します。

ずばり、マネーフォワードです。

貯金アイデアを探している人必見!マネーフォワードの紹介

マネーフォワードとは

家計簿アプリ・家計簿ソフトの「Money Forward」を提供しています。
2600社以上の金融機関サービスと連携しているので、利用できる金融機関数は数ある家計簿サービスの中でナンバーワン。
「日々の家計簿が自動で完成」という“自動化”が売り。
サイトやアプリのビジュアルもよく、わかりやすい。
2013年1月にiPhone向け、同3月にAndroid向けを正式にリリース。
2017年9月にマザーズに上場しました。

つまり、マネーフォワードとは、家計簿を自動的につけてくれる便利なアプリのこと。

こんな人はマネーフォワードおススメ。

●家計簿をつけようと奮い立ってもすぐ挫折する人
●1か月自分がどれだけお金を使っているのか把握してない人
●クレジットカードの明細を普段見ようと思いつつ、忙しさを理由に見れてない人
●メガバンク、ネット系の金融機関を愛用している人
●クレジットカードを何枚も持っているクレジットカードマニア
●ポイントをいつも(不可抗力で)無駄にする人
●家計の無駄を見つけたい人

「家計簿の自動化」が売りですから、1度金融機関を登録すると、お金の移動があった時に随時記録してくれ、かつ閲覧しやすいようにグラフまで用意してくれる優れものです。
なんせ、労力は最初の登録時だけ!
あとはマネーフォワードが(正確に言えば一部分を)自動的に処理してくれるので最高に楽ちんです。

ただ、日本全国すべての金融機関と連携してるわけではないので、地銀などを中心に取引してると、いちいちデータの修正を手入力でしないといけなくなるのでちょっと手間かもしれません。

ですが、大まかなお金の流れとか、クレジットカードの明細を一括で眺めたいという場面では最高のパフォーマンスを発揮してくれますので、手間を考えても、金融機関ごとのサービスを一括掲載してくれるマネーフォワードのサービスは実に画期的と言えます。

なぜなら、散らばったデータをまとめてくれるからです。これで、家系の無駄を見つけることも、お金を貯める計画を考えることも以前よりずっと楽になるはずです。

マネーフォワードをおススメ出来ない人

●規模の小さい銀行(マネーフォワードと提携が無い金融機関)がメインバンクの人
●現金主義者。クレジットカードなんてもってのほか!
●そもそも、家計の財布は任せきりで縁がない人
マネーフォワードが提携していない金融機関をメインに使っている方にはあんまり向かないかも…

結局、貯金のアイデアは自分の収支が分かってから仕掛けるもの。

みつぼし
貯金のアイデアとは、日々の無駄を見つけてそれらを無くしていくこと。
ぴぃ
確かに、マネーフォワードを使えばその「無駄」をいち早く見つけられるね。
結局、節約とは、日々の無駄を見つけてそれらを無くしていくことなんですよね。
マネーフォワードというサービスはこの「無駄」を見つけるための膨大な仕事をはるかに楽にしてくれる良サービスといえるでしょう。
大変便利なサービスですので、是非体験してみてください。