注目キーワード
  1. 育児
  2. 投資
  3. デザイン
  4. ブログ

【抱っこ紐レビュー】人気の抱っこ紐高過ぎだったので手軽な値段の抱っこ紐にしてみた感想

私が抱っこ紐を検討した時、結構ネットで検索しましたが、

人気のある抱っこ紐は、一律に「値段が高い」という事に悩んでおりました。

みつぼし
私がブルジョワなら迷わず一番人気のエルゴベビーにするけど3万円かぁ…
ぴぃ
育児は他のアイテムにもお金がかかるから、手痛い出費になっちゃうよね…
そうなんです、高いんです~(´;ω;`)
という事で、私は人気のあるブランドの抱っこ紐でなく、kerataのヒップシート付抱っこ紐を購入しました。
前抱きタイプなら3,600円前後くらいのお値段で買えてしまう手軽さ。3か月目~現在8ヶ月目まで使い続けて使った感想をつらつら書いていきたいと思います。

kerata (ケラッタ) ヒップシート 抱っこ紐

※リンク先はkerata公式会社が運営するamazonの販売サイト
対面抱き・前向き抱き・おんぶ可。
価格:3,680円(公式価格)

そもそも私が抱っこ紐に求める機能

  • 着脱衣のしやすさ(手軽さ)
  • 安全性が確保されるか
  • 父・母両方使える
  • 子供が嫌がらない

以上!極論を言うと、以上の4点が担保されてる抱っこ紐であればなんでもいいわけです。

総合的にこの4点が担保されたのがkerataのヒップシート付抱っこ紐だった訳ですが、順を追って感想を述べていきます。

着脱衣のしやすさ(手軽さ)

「あ、この抱っこ紐欲しい」と思った理由ナンバーワンがこの着脱衣のしやすさでした。

kerataの抱っこ紐はヒップシートが付いているのが特徴で、このシートが天才的な役割をしてくれるんですよ。

着脱する時はまず腰ベルトをマジックテープで固定して、ヒップシートに子供をのせて肩のベルトを止めれば完了。

これがめちゃくちゃ楽。

マジックテープぽーーーーん!子供すちゃっ!ベルトカチャッ‼‼‼   ~終了~

抱っこ紐って結構作りが複雑で、説明見ないと着脱の方法が分からないのが多いですが、kerataの抱っこ紐は直感的に使えました。

まぁ、簡単ではあるのですが、ヒップシートがある分、肩紐のベルトに余裕があり、子供を抑えながらベルトを止める必要がありますので、若干そこに不安を抱く方は…いるかもしれないなぁと思いました。

私なんかは「かっちり止まればOK」と思ってるので気になりませんでしたが…

安全性が確保されているか

割と腰のマジックテープがかなり強力なので、不安は少ないです。

さらにそのマジックテープの上からベルトのバックルで止められるので、マジックテープが外れる不安はありません。

子供の首が座り始めた頃から使っていますが、子供がずり落ちたり身体がベロンと出てしまうことは一度もありませんでした。

父・母両方使える

そもそも、腰はマジックテープで調整するので体の大きさが違くても問題ない感じです。

肩紐の長さ調整も簡単ですし、私が付けた後お父さんに交代する事よくありましたが、問題なく装着出来ました。

作りがシンプルだからこそって感じですね。

子供が嫌がらない

もう、これが一番です。

ヒップシート付なので子供が座っている部分に余裕があり、窮屈そうな印象は全然ないですね。

結構自由に身体を動かせるのが快適なのか、嫌がるそぶりは見せてません。今のところは。

結論:お手頃価格の抱っこ紐だけどおススメ

以上、4点の理由で私の中では及第点です。

あと何と言っても値段がお手頃。これがね。一番ですね…。

安かろう、悪かろうと思って購入する時は半信半疑でしたが、結論としてはこの抱っこ紐にしておいて良かったです。

ブランド人気のエルゴベビーなんかは25,000円~30,000円前後と考えるとですね…

いや、良いのは分かるんですけどね…お値段10倍…と思うとちょっとひるみますよね…

kerataの抱っこ紐は長野県の会社さんが開発・販売

kerataの抱っこ紐はAmazonに公式販売サイトがあります。

ヤフーショッピング・楽天にも出品はされてるようですが、販売元は「やまびこや」という長野県にある会社さんが手掛けていました。

小さな会社だったのですが、個人的に長野県が好きなので親近感…

ということで、ご興味がある方は以下よりどうぞ。

 

みつぼし
お手頃価格な抱っこ紐を探している方にはkerataの抱っこ紐はおススメですよ!