20代から投資はすべきだと考える5つの理由

20代から投資はすべきだと考える5つの理由

日々、会社で働きながら、バックオフィスの仕事をしていると、色々な方の投資手法というか、
平たく言うと「儲けられている人」と「損している人」が見えてきます。

 

特に損している方って、結構えげつない損の仕方をしておりまして。
しかも結構ご年配の方が多いなっていう印象を受けます。

投資手法については、色んな書籍が出てるし、ネットにも情報が氾濫してるし、
個人のリスクの取り方にも影響されるんですけど、
投資で成功する人と、そうでない人の違いってどこにあるのかなって考えちゃうわけです。

でも投資って、成功するか、失敗するか、の前にもっと大きな課題がありまして。
それは「投資をやるか・やらないか」
これに関して、私の結論は
「投資はやるべき」
です。

もう、声を大にして言い張る。

最近(?いや結構前から?)気づいちゃったんですけど、
私、株式投資が大好きらしいって気づきました。

大好きだからこそ思うんです。
投資は若いころからやったほうが絶対にいい、と。
そして、そう考える理由が5つあります。

 

①失敗できる

身も蓋もないですけど、投資で成功し続けれる人っていないです、断言できます。
だってリスクあるし。
「えっ…絶対失敗するのやだ…」って人はブラウザバックでお帰りください。
そもそも投資に向いてないです。っていうか、そう考えちゃう人は投資だけじゃなくって色んなことに向いていない。
失敗無くして成長なんてないじゃないですか。
色んな成功者は「たくさん失敗しました」と笑って語ってるじゃないですか。
だから投資においても、失敗することは絶対に避けては通れません。
そして、失敗するからこそ、若いころに失敗しとけ、と思うのです。

なぜ失敗するのか。投資初心者は経験と知識と情報が無いからです。
どうしたら上がるのか。何が原因で下がるのか。どんなイベントがあったらどう動くのか。
金融商品って、ほんと商品ごとに性格が様々で、そうした性格を網羅し、予測し、手を打つっていうシンプルな行動原則で十分なんですけど、「性格を網羅する」「予測する」という部分にすごく時間がかかるし、難しいんですよね。

だからこそ、金融のプロやアドバイザーが存在するんですけど、
手っ取り早く学べるのは、自分で実行し、体験すること。それは早い方が絶対にいいのです。
特に投資は、失敗すると大切なお金を失うことになります。
でも若ければ、バリバリ働いている世代なら、いつでもリカバリーは可能なのです。

ぜひ、若いうちから投資に挑戦して、学んで、ノウハウを蓄積して、よりよい生活を送ってほしいと思います。

②時間を味方にできる

投資で成功するためには、時間を味方にする必要があります。
投資王、ウォーレン・バフェット氏の投資手法を見ても明らかのように、
割安な銘柄を割安な時期に買い求め、保有し続けた結果、莫大な資産を築き上げたのです。
何事にも、成長するには時間がかかります。

たとえ予期せぬ金融ショックを経験したとしても、長い目で見て「保有すべき」と判断した銘柄は、安い時に買い求めましょう。
そんな投資ができるのも、働き盛りの20代ならではなのではないでしょうか。

 

③大きなリスクでも取れる

1番の「失敗できる」と若干かぶるところもあるのですが、比較的大きなリスクも取れる、というのは大きな武器です。
何故なら、うまくいった時のリターンもでかいから。
初心者はFXや株式投資は避けよう、と言われていますが、初心者でも20代の人間なら小額からでも始めるべきだと思います。

かくいう、わたくしもまだ20代。
ポートフォリオは100%株式です☆

 

④情報収集においての優位性がある

ご年配の方には「ネットが苦手で…」という方もまだまだ多い。
その点、20代ならネット検索なんてお手の物。
投資はいかに情報を入手できるかで命運を分けますから、この「情報戦に勝ち抜く最低限の情報収集能力」の高さは明らかに20代の方が軍配があがります。

 

⑤自分の成長になる

正直、20代で投資をしろ、という理由で一番でかいのがコレ。
投資をすることで「マーケット感覚」が鋭くなります。
だって、自分のお金で投資するんですもん。損したくないじゃないですが。
そうしたら、投資先の企業の決算書くらいは読めないとお話になりません。
無理やり情報収集と決断を繰り返していくことで、見聞が広がり、ビジネスに繋がることもあります。
実際に私は、投資を始めることで苦手な数字について勉強して決算書の読み方を知り、
投資している会社の事業内容でITについて興味を持ち、プログラミングを勉強するようになって次へのキャリアに繋げています。

損をするのがいや、という価値観ではなく、「自分へのキャリアアップへの投資」としても、実際の投資行動は価値のあるものとなるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?
私は投資することで、今まで理解できなかったお金の流れと性格を知り、
今でも自分の資産を増やすために積極的に投資活動中です。

何度も失敗しましたが、その都度リカバリーをかけ、何とか運用成績はプラスを維持しています。
これも、20代という若さという武器があったから。
ぜひ、この記事を読んでいる投資未経験の20代の方は、挑戦してみてください。

少し、未来への扉が開けてくるかもしれません。

PR

Most Viewed Posts

URL :
TRACKBACK URL :