買った株価が下がっている時の心の落ち着かせ方

買った株価が下がっている時の心の落ち着かせ方

投資をやっていたら避けては通れない、この命題。
将来性を見込んで購入したはいいが、次の日悪材料が出てしまい下がってしまって早速含み損、という悲劇に打ちひしがれる投資家は多いもの。

かくいう、私も何度もそういった憂き目にあい、
それでも信じて握った結果、桜が咲いた銘柄もあれば、見限った元カレ銘柄もいます。かといえば、こちらから振っておいて、でも振った銘柄が気になって気になって舞い戻った銘柄も。
そんな、あっちへフラフラ、こっちへフラフラな半信半疑アッチコッチな投資手法をしていたんですけど、最近ようやく気付きました。

こんな投資方法してたら絶対に儲からない

人間とは愚かな生き物で、上がっている銘柄が欲しくなり、下がっていると売りたくなる。投資で勝つならその逆をいかねば勝てないと分かっていても、そのまた逆の行動をしてしまう不思議。
材料が出て急騰していたからキャッチしたらすぐ急降下してしまった銘柄は損切すべきなのか?
この命題については何人もの著名投資家がかんかんがくがく、議論してますが、そんなものは、「銘柄の将来性によるし結局神の見えざる手(市場)が決める」って結論出てますもんね、つまりは誰もわからないわけです。

どんなに銘柄の研究をしたって、ふいに悪材料が湧くこともありますし、
将来性に投資したって、その利益が回収できる保証なんてどこにもありません。
じゃぁ、保有している銘柄が下がってしまった場合、私が出来ることは、

いったん落ち着いて冷静になって、
この先の自分のポジションをじっくり決めること

なんですよ。

保有銘柄が急落して含み損が拡大してしまうと、
動機が激しくなり、
冷汗が出始め、おなかの底に何か黒い塊が居座っているかのような
重い重い気持ちが溜まってきます。
そうなると冷静に判断することが困難になり、
焦って損切してしまってジ・エンド。

こういう、何も考えない取引方法は損失を無限に生み出す可能性があるのでお勧めできません。こうした投資の仕方をしてしまう方は次も同じようなミスを繰り返し、投資元本が無くなるまで繰り返してしまう恐れがあります。というか私がそうだった。
そもそも、その銘柄の将来性に期待して買ったのなら、その結果が出るまで待たないと意味が無いよね。じゃあ、結果が出るのいつやねん、明日すぐに結果が出るわけがなかろう、馬鹿者が。

ハイ。
決算内容が予想以上に悪くて下がってしまったら、来期はどうなるか想像しましょう。今をときめく東芝のような、上場廃止に大手がかかっている銘柄は「即刻損を切れ」と断言できますけど、それ以外の銘柄で、どう考えても3年間握ってたら幸せになれそう、と思える分野が残っているのなら、焦って売る必要は無いと思います。

それよりも、まだ資金に余力があるなら買い増し時期を検討すべきです。

それでも「不安だ」というあなたに、私が、
自分が保有している銘柄の株価が下がった時にやる心の落ち着かせ方をお教えしましょう。
●株価を見ない
はい、今見てるパソコンの電源を切りましょう。アプリをスマフォから削除しましょう。
場中、そんな値動きを見てしまうと、なかなかに心臓に負担が来ます。
「いやいやいや、株価見ないと売り時が分からないじゃないか」
その意見、ごもっともですが、極端な値動きをすると、それこそ健康を害します。
まずは株価を開いているブラウザをそっと閉じて、なぜ下落しているのか原因を究明しましょう。全世界同時株安レベルの市場ショックが起きてますか?
その銘柄がこのままでは上場廃止になるような大きな損失を出してしまいましたか?
上場廃止どころか倒産しそうですか?
私は、この上記3項目に該当しない上に、来期に向けて前向きな姿勢が見られたらそのまま株価は保有することにしています。
もちろん、将来性がまったく明るくない、と思ったり、このリカバリーには時間がこれくらいかかりそう、と判断が出来るのであればいったん身を引くときはありますが、基本的にはホルダーを続けます。

●銘柄についていいところを紙に羅列する
これ、おすすめです。
あなたが貴重な資金を投入して株主になろうとした銘柄なんですから、多分、魅力に感じた部分があるわけですよね。それをひたすら羅列するんです。
紙に書きだすと、魅力が感じられる部分が多ければそのまま保有しますし、
あれ、以外にこいつ魅力無いな、と見限れるなら手放しましょう。
手放すときは容赦なく、です。慈悲を持ってはいけません。

●ウォーレン・バフェット氏の投資手法を題材とした本を持ち歩く
ザ・お守りです。
株価が下がってしまうと愚かな行為に手を攻めてしまいそうなとき、
本を開きましょう。
長期投資をする意義と可能性、そして投資の基本に立ち返ることができるはずです。

以上です。
まぁ、デイトレーダーのような、短期決戦で利益を上げたい方には全く必要ない概念なんですけどね。
それでも、株で儲けるにはどうすればいいか、
という問いに対しては自信満々でこう答えられますよ。

「買ったら絶対に売らないこと!」

PR

Most Viewed Posts

URL :
TRACKBACK URL :