【5分でわかる仮想通貨】仮想通貨の基本的な仕組みとは

【5分でわかる仮想通貨】仮想通貨の基本的な仕組みとは

最近よく耳にする「暗号通貨(仮想通貨)」、あなたはどこまで理解していますか?
暗号通貨とは何か、を簡単に説明すると、

“ネット上で高度な暗号化がされており、誰かが入金したり送金したりなどの動きがあると記録され、複雑になることで解読が不能な仕組みで成り立っており、中央集権が無く、世界中で管理されている通貨のこと”です。

はい、わかりましたか?
( ;∀;)分かるかーーーー❕❕❕❕❕

…こんな説明じゃわかりにくいので、一から説明します。
暗号通貨を語るには、まず初めに「法定通貨」との比較をしないとなかなか理解しにくいんですよね。

まず、あなたは普段どんな通貨を使っていますか?もちろん、日本円ですよね。
では、日本円に価値をつけてるのって、誰だか知ってます?
そう、日本ですね?
ここでは国=政府とイコールで結んで問題ないとは思いますが、とにかく、日々使っているJPYというお金は、日本政府がその価値を保証しているから使えているんだってことはわかりますよね?
日本は先進国なので、当然安全に自国通貨が流通しているのが当たり前。
でもこれって、日本政府が日本の財政がまかなえず、白旗を上げたら一気に価値を失うリスクもあるんだよってこと。
国や、銀行、そしてそこで関わる人間がいる以上、どうしたって経営破たんのリスクや人的ミスやデータの損失によるリスクは起こりうる。それらのミスで、あなたの資産が失われたら、あなたはどう思うでしょう?
こうした不足の自体に、中央集権における信頼に成り立っている「法定通貨」以外の価値を持つものが必要だ、
その価値を保証できるシステムを持った「法定通貨じゃない通貨」として誕生したのが仮想通貨、なんです。

なんとなく分かってきました?

仮想通貨の価値を保証するシステムがいわゆるブロックチェーンというシステムで成り立っています。
ブロックチェーンについての記述は今は割愛しますが、余裕のある人はぜひ勉強しましょう。

さて。
とにかく、仮想通貨はインターネットの接続さえあればだれでも、どこにいても取引所で簡単に手に入れる事ができる通貨なんです。
その暗号通貨の中で一番取引されている仮想通貨が「ビットコイン」です。
ビットコインの価格は1BTCの価格で表示されていますが、0.0001BTCから購入することが可能なので、試しに買ってみるのもありでしょう。

とりあえず。今日はここまで。
次回は仮想通貨で便利になる世の中について書きます。

PR

Most Viewed Posts

URL :
TRACKBACK URL :