ポイント・クレジットカード

2020年9月からキャッシュレス戦略を見直す秘策とは?大事なポイントまとめてみた

ポイント・スマホ決済マップ

国が仕掛ける大型キャッシュレス還元キャンペーン「マイナポイント」で見直される決済合戦勃発

2020年9月。
いよいよマイナポイント制度が始まりました。
マイナポイントとは、ご存知の通り、
決済サービスを指定して使うだけで5000円分ものポイントがもらえる
国が仕掛けた大型還元キャンペーンですよね。

この大型キャンペーンを機に、各決済事業者が登録者の囲い込みのために
独自に「ポイント上乗せ」キャンペーンを次々に実施してきました。
その様相はまさに熾烈な決済合戦の勃発さながら、かなり競争が過熱しています。

マイナポイントに限っては「どの決済事業者が一番お得か」というテーマは腐るほど
他のブログで紹介されてるでしょうから一旦置いておいて、
この時期に自分のキャッシュレス戦略を見直すいい時期だな、と私は思ったわけです。
色んな情報を見ると目移りしちゃいますが、
今の状態がキャッシュレス決済を使わないことは大損を招く時代であることは確かです。
けれど、目先の上乗せ額に釣られて使わない決済サービスを申し込んでしまうのでもやめた方がいいでしょうし、
だからといって今使っている決済サービスがベターなのか?を確認しないのもナンセンス。

というわけで、今、キャッシュレス戦略を見直す秘策とは何か、
実際に自分が見直した結果とともにブログに書きたいと思います。

ポイント①還元生活の熾烈な下克上事情 ポイント経済圏の激変がすごい

ポイント・スマホ決済マップ

改めて各ポイントの決済サービスをおさらいしてみると、勢力図が見事に変わっておりました。
ポイントの大きな勢力図として、docomo圏、au圏、ソフトバンク圏、そして楽天圏の4大経済圏がありますが、
ざっくりとその経済圏での動きを見ていきます。

使ってた人には残念なお知らせ

①2020年9月30日から今まで定番となっていたdポイントとPontaポイントの等価交換ルートが封鎖。
②2020年2月~PayPay…ヤフーJapanカードを連携すればチャージにTポイントが1%上乗せされていたが廃止。
③2019年12月~LINEポイント…Pontaポイント、dポイント、JALマイルへの交換を終了。

該当者には嬉しいお知らせ

①2020年5月~au WALLETポイントがPontaポイントに統合。
KDDIがようやくポイント覇権争いに名乗りを上げてきたぞうおおおおおおおおお!
②2020年5月~楽天アプリ内でSuicaが利用できるようになり、Suicaチャージで楽天ポイントが0.5%還元に。
ただし、アンドロイド端末のみ。
iPhoneユーザーは楽天ペイアプリからキャンペーンに毎月エントリーし、
モバイルSuicaアプリ上で楽天カードからチャージする必要がある。

個人的に嬉しかったのはauがPontaポイントと統合したことですね。
今までauは実店舗で貯まる系のdポイント・Tポイント・ポンタポイント・nanacoポイント勢のどれからも外れていたので使いづらさ山のごとしだったんですけど、ローソン系のPontaポイントと統合してくれたおかげで、かなり使い勝手がよくなったと言えそうです。
貯まったPontaポイントはau PAYで使えるほか、auユーザーならさらにお得なポイント還元施策を打っているようで、
この点はまた後に詳しく書きたいと思います。

そして楽天経済圏がSuicaという交通系ICカードと連携してくれたのも地味に嬉しい。
Suicaユーザーならビューカードと連携して
JREポイントを貯めるのが王道だと思うんですが、
東京近郊に住んでいない私のような地方ユーザーとしては
あんまり恩恵を得られていませんでしたが、
楽天ポイントもダブルで貯まるとなると、ちょっとは還元されますね…

ポイント②キャッシュレス戦略を見直す秘策とは 核となる経済圏を定めること

最近のポイントの決済サービスの最近事情を把握すると、
やっぱり大事なのは核となる経済圏をどこにするか、に限るなと思います。
私はauユーザーなので、やはりau経済圏を核にして、Pontaポイントを貯める生活にシフトした方が良さそうだなと改めて思いました。

ただ、残念なのがPontaポイントはJALマイルへの交換はあれど
ANAマイルへの交換レートが無いので、ANA系列ユーザーにはしょんぼりどころ…
PontaポイントはauPAYでの循環使用を前提に使って、
その他楽天ポイント経済圏をセカンドポイント貯金にするか…
ちょっと色々検討してみようと思います。

さて、どうでしょうか。
このブログ記事を読んで、皆さんもご自分のキャッシュレス決済方法を見直してみるきっかけになれば幸いです。