クラウドワークスってやばい?やめた方がいいのか検討してみた

オンラインの人材マッチングプラットフォームであるクラウドソーシングサービスを提供する「クラウドワークス」。

 

クラウドソーシング会社としては最大手の会社です。

 

昨今の副業ブームで、「私もクラウドワークスに登録して副業してみようかな…」と考えるあなたへ。
SNSやネット検索で、「クラウドワークスはやばいらしい」という意見を聞いたことはあるでしょうか。

 

この記事では、クラウドワークスの何がやばいと言われているのか、副業や仕事をしたいあなたが登録しても大丈夫な企業なのかを解説します。

 

「ちょっと登録してみようか考えている」
そんな人に参考になれれば幸いです。

 

クラウドワークスはやばい?

それでは、本題です。
クラウドワークスはやばいのか?

クラウドワークスがやばいと言われる主な内容は、ネットでの声を総括すると以下の内容となります。

  • 単価が安すぎてやばい案件がある
  • クライアント、もしくはワーカーと突然連絡が取れなくなることがある
  • 納品をしたのに報酬が支払われなかった
  • 犯罪まがいのやばい案件がある

単価が安すぎてやばい案件がある

クラウドワークで仕事を探していると、しばしば以下のような案件が転がっています。

仕事内容

仕事のボリューム

報酬

Webコンテンツ用のライティング

1記事1,000文字程度

1記事150円

(文字単価0.1円以下)

Webサイトの素材作成

ECサイトの商品画像300枚作成

1枚10円

クラウドワークスでライター業をやろうと考えている人には厳しい現実なのですが、クラウドワークスでライター初心者が比較的仕事を請けられるのは文字単価0.1円~0.5円という案件です。

文字単価0.1円~0.5円という案件で、1万円を稼ごうと思うと単純計算で2万文字~10万文字を書く必要があります。
これではとてもじゃないですが稼げませんね…

 

ライターの例を出しましたが、それ以外でも明らかに「相場より安すぎる」という仕事の案件が多く目につくようです。

 

クライアント、もしくはワーカーと突然連絡が取れなくことがある

最初はスムーズに案件のやり取りをしていたのに、ある日突然連絡が途絶える・返事がなくなるというやばい案件があるようです。

クラウドワークスには「連絡催促機能」というものがあるのですが、その機能もあまり役に立たず、連絡が取れなくなるケースはクライアント側もワーカ側にもあるようですね…

 

長年クラウドワークスで仕事を請け負っているワーカーさんは、「連絡が丁寧で分かりやすく迅速なクライアント」としか仕事をしないと決めている方もいらっしゃいます。

 

このようなやばいクライアントややばいワーカーに出会わないようにするためには、仕事を頼む・請け負う前にしっかりとやり取りし、「連絡が取れなくなるような非常識な相手ではないかどうか」を見極める必要があるようです。

 

納品をしたのに報酬が支払われなかった

こちらも悲劇に見舞われた例です。

一応、クラウドワークスには「仮払い機能」があります。
もしすでに仮払い済みでしたら、運営に問い合わせると強制的に仮払い分の支払いをしてもらえます。
この対応は、クラウドワークスの規約にきちんと「連絡が取れなくなった時」の対応として書かれているんですよね。(ただし、契約がキャンセルすると権利を失います)
ですから、未払いが発生したら自分から取引をキャンセルしたりはせず、まずは運営側に相談しましょう。

 

犯罪まがいのやばい案件がある

これがナンバーワンでやばい案件かもしれません。

とあるクライアントと仕事の契約をした

仕事の内容は「YouTubeで上がっている動画をダウンロードし、他の動画サイトへ無断アップロードする」という内容だった

というようなトンデモ案件があるようです。

また、最近話題の詐欺の受け子のような仕事も普通に存在してます。

 

このような仕事を「仕事だから」と受けてしまうと、仕事を行ったあなたが犯罪を犯した犯罪者として警察に逮捕されることになりますので、絶対に手を出さないようにしましょう。

 

報酬が妙に高い・甘い言葉で誘ってくる…そんな案件は最初から警戒し、仕事内容を仕事を請ける前に細かく確認し、犯罪に加担しないようにしましょう。

 

クラウドワークスに登録するのはやめた方がいいのか?

ここまで読んできたあなたは、「クラウドワークスってやばいではないか」とお思いかもしれません。
ですが、ここで上げた例は極端な例で、きちんと普通に仕事をしてもらいたいクライアントやワーカーさんがほとんどであると思います。

 

それでも、「やばい案件はある」と知っていると、いざ自分がそんなやばい人にぶち当たった時に冷静に対処できると思いますよ。

 

ここからは、クラウドワークスに登録するメリット・デメリットについて解説していきます。

 

クラウドワークスに登録するメリット

クラウドワークスのメリットとしては、以下の通りです。

  • クラウドソーシング会社としては国内No.1の規模なので案件がとにかく豊富
  • クラウドワークスで仕事が取れだすと個人の実績が増える
  • 実績を積み重ねていくと仕事のスカウトが来るようになる

 

クラウドワークスに登録するデメリット

クラウドワークスのデメリットとしては、以下の通りです。

●最初の仕事を取るまでのハードルが高め
●上記に挙げたように、「やばい案件」もある
●自分から営業しないと仕事が取れない

メリット・デメリットを見ても、クラウドワークスに登録する価値はあるように思えます。

 

クラウドワークスってこんな会社

2011年に創業したクラウドワークスですが、クラウドソーシング会社として国内No.1の実力を持つ会社です。実際どんな会社でしょうか?

クラウドワークスの会社データを見てみましょう。

登録者数

※2021年3月時点

495万人

登録企業数

※2021年3月時点

79.5万社

流通取引総額

※2021年9月時点

157億円

創業

2011年11月11日

会社の特徴

スキルシェア事業が収益の柱。一部上場企業。

クラウドソーシング会社としては登録者数・取扱事業数・流通取引額ともに国内No.1の会社。

グループ事業

●CrowdWorks…国内No.1のクラウドソーシングサービス

●Crowdtech…エンジニア・デザイナー領域

●BizAsst…アシスタント事業領域(オンライン業務特化型)

●CrowdLinks…副業求人領域(ハイクラス特化型)

●CODEAL…即戦力IT人材のマッチングサービス

●ClowdLog…クライアント向けSaaS

●LinksAgent…プロフェッショナル副業・兼業人材マッチングサービス

●みんなのカレッジ…ワーカー向けスキル教育

●PARK…30秒で作れるあなたのスキルECサイト

●メンバーペイ…オンラインの会員管理・月額決済プラットフォーム

登録者数が495万人という数字は流石と言えます。
と言いますのも、現在副業を希望する人の総数は700万人と言われていますから、「副業をしたい」と考えている労働者の半分はクラウドワークスに登録していることになります。

 

クラウドワークスの特徴としては、自分のスキルを売りたい労働者が「欲しい」と思えるサービスを様々な角度で展開している点です。

 

クラウドソーシング事業だけでなく、エンジニアやデザインの専門性の高いスキルに強い会社と言えるでしょう。

クラウドワークス
4

国内クラウドソーシングNo.1。アンケートや簡単な入力作業から、ロゴやイラスト作成・Webコンテンツ用のライター業務、スキルが必要なWeb制作やエンジニア向けの仕事などとにかく仕事の幅が豊富。案件もNo.1のため、あなたにピッタリの仕事もきっと見つかるはず。規模のせいか、報酬激安の労働力搾取野郎や仕事をすることに向いていない「やばい」人間も惹きつけてしまうので、その点1点分減点。

まとめ

以上、クラウドワークスはやばいのか、の検証でした。
結論としては、「やばい案件もあるけれども、やばい案件に当たらないように自衛しながら真面目に実績を積み上げられればメリットは大きい」という点です。

 

働き方はここ数年で大きく変わってきました。
少しでも家計の足しになればと副業を選ぶワーカー。
スキルの高いワーカーに仕事を依頼したいクライアント。

 

この二つの存在をマッチングするためにクラウドワークスのようなクラウドソーシング会社は存在します。

 

これからの働き方が問われる時代を生き残るために、まずは登録して自分の経験値を上げてみる、という行為は、とても大事だと私は思います。

 

それでは、よいワーカー人生を。